雑草をすき込んで堆肥化する。

雑草堆肥を、手間なく畑の表層で作る

農業のやり方・基礎知識

雑草堆肥で健康的な野菜を作る方法

悩んでいる人
雑草堆肥で、健康的な野菜を作りたい
いちろう
雑草堆肥は、物量勝負でたいへんです。私が実践するカンタンな雑草すき込み方法と、自然農法の雑草堆肥のやり方を紹介します。

■省力的で現実的!雑草堆肥を作るより、雑草をすき込む「畑で雑草堆肥」

雑草をすき込める高さですき込みます

雑草をすき込める高さですき込みます。大きくしすぎるとからまるのでNG.

雑草をすきこむことで土の表層で乳酸発酵させて、土の乳酸菌(善玉菌、枯草菌:こそうきん)が増える方法です。

実はこの方法が一番現実的で、労力もかからず、お金もかかりません。

やり方は、雑草が生えてきたら耕運機ですきこむだけです。

 

ココがポイント

すきこむポイントを説明すると、表層5センチから10センチですきこむことと、耕運機の刃に絡まらない長さですきこむことです。

表層で乳酸発酵させたいので、深すぎるとあんまりよくありません。

□雑草堆肥では肥料には程遠い

雑草を堆肥にするというのはとても聞こえがいいのです。
しかし、落とし穴があります。

  • 1年目からうまくできない。(野菜は小さく、出来も良くない)
  • 肥料成分はほとんどない(つまり野菜は育たない)

というデメリットです。

雑草堆肥にのみに頼るのではなく、雑草堆肥も入れるという考えならば野菜は作れます。

凄い手間ですけどね。

□雑草をすき込み堆肥化して連作を防ぐ

雑草をすきこむことで連作が防げます。
キャベツはアブラナ科。写真の雑草はアカザ科。

アカザ科の雑草をすき込みます。

アカザ科の雑草をすき込みます。手前はすき込んだ後。奥は20cmのアカザ科の雑草

すき込めば、次にキャベツを作付けしたとしても

  1. キャベツ(アブラナ科)
  2. アカザ科
  3. キャベツ(アブラナ科)

と間に一回違う植物が入っているので何も問題ありません。

さらに表層で堆肥化します。

そこについては、次で説明します。

□雑草をすき込むことで土の表層で発酵、堆肥化させる

連作を回避できる上、野菜栽培で重要な表層の土を乳酸菌発酵させられます。
これはとてもいいことです。

ココがおすすめ

乳酸発酵させることで、すき込んだ草は分解し、乳酸菌が増えます。
善玉菌である乳酸菌が増えることで、野菜の成長を健康に保ってくれます。

作業も、ただ耕すだけなので、経費をかけたくない私に最適な方法です。

■理想の自然農法で雑草堆肥を作って野菜を作った結果

雑草堆肥のみで、ちゃんと野菜は出来ます。

しかし、問題点は労働力が膨大に必要ということです。

いちろう
私は約3年ほど、とある宗教団体向けに完全自然農法で野菜を作っていました。その時に学んで成功した栽培方法を、紹介します。

□自家製の雑草では少なすぎて雑草堆肥にならない

まず、土に入れるものは雑草堆肥のみです。
つまり、雑草堆肥を野菜の生育のために最大限効果が出るように使う必要があります。

ココに注意

野菜を育てるために必要な雑草堆肥の量は、30坪の土地に対し、必要な雑草堆肥の量は1トン程。軽トラック山盛りで3杯です。

私はニンジンを作っていました。

step
1
雑草堆肥で野菜を作る準備


作付けの半年前に畑に表層5センチ程度敷き詰めて、すきこんでいきます。

5センチって物凄い量で、これでも軽トラック2杯で足りるかどうか。
とにかく敷き詰めるのが重労働です。

全然分解はしないので、とにかく耕運機ですきこむ。

作付け1ヶ月前までに雑草堆肥が土となるくらいすきこみます。
1ヶ月に2回ほど耕運機で耕していました。

step
2
雑草堆肥で野菜を作る場合の種まき

畝を立ててたねをまきます。
その後表面1センチほど雑草堆肥を敷き詰めます。水分の乾きを若干防げる上、若干の追肥効果があります。

step
3
雑草堆肥で野菜を作る場合の追肥


発芽してきたら、畝間に5センチくらい雑草堆肥を敷き詰めていき、耕運機で耕します。
通路の雑草を防ぐのと、土寄せのときに追肥効果を出すためです。

畝間の土に少し雑草堆肥が馴染んできた2ヶ月後くらいに、土寄せをしていきます。

step
4
雑草堆肥で野菜を作る場合の作付け後のお礼肥


お礼肥用に、畝間に5センチほど雑草堆肥を敷き詰めます。

雑草堆肥でできる野菜のサイズ

こんな感じで出来るニンジンのサイズは

  • Sサイズ 3割
  • Mサイズ 4割
  • Lサイズ 2割
  • 2Lサイズ 1割

という感じです。
上記の100%のうち、2割ほどは真っ直ぐになっていない感じです。

□雑草堆肥で効果を出すための雑草堆肥の量

30坪で1トン程、軽トラック3杯くらいか、それ以上になります。
雑草堆肥100パーセントで効果を出すのはとても大変な量が必要なので、少ない面積でやると楽です。

雑草堆肥で栽培する面積が10坪なら、軽トラック1杯ですみますからね。

□雑草堆肥の仕入れ方

雑草堆肥を仕入れるところは、産業廃棄物処理業者です。

その中でも、道路の草刈りで出た雑草を回収している業者がいいですね。
各市町村に1社ほどはあると思います。
その業者のところから貰うのが一番現実的です。
優しい業者さんであれば、畑まで持ってきてくれる方もいます。

■雑草堆肥は、仕入れるか、すき込む。

雑草堆肥を使って土をよくしていくためには、

  1. 仕入れる
  2. すきこむ

の2つがあります。

仕入れる方は量が手に入りますので雑草堆肥100パーセントで野菜をつくる自然農法も可能でした。

すきこむ方は、連作を防いだり、手間が省けて土の表層が良くなっていくので、オススメです。しかし、肥料成分はないので、肥料を別で用意することが必要です。

雑草堆肥を使った農法はとにかく肥料成分が足りない方法です。

最初からうまくいくと思わず、少しの面積で始めることをオススメしたいなと思います。

-農業のやり方・基礎知識

© 2020 さいこうやさい