畑に水源がない。そんなときはこのセット。どこでも水がかけれます

農業のやり方・基礎知識

水源がない畑に自動で水をやる道具(農家セット)

悩んでいる人
質問1:水源のない畑まで水を15往復、手で運んで、大変です。どうにかする方法はありませんか?
悩んでいる人
質問2:道路を隔てて水路があるのですが、ジョウロで何度も往復で大変です。往復しないで、水路から直接水をやる方法はありませんか?

私ならば、水源のない畑は水のいらない作物を作りますが、それは畑がたくさんある人の話です。

これから紹介する道具を金具まで動画で見せますので、できるだけ再現されることをオススメします。

ポンプが小さかったり、ホースが細すぎたりすると、水がうまく出なかったりします。

いちろう
ちゃんと、一番便利で、ちゃんと水を満足に吸い上げられる方法をお答えします。私は液肥をかける場合にも使っています。

■畑の水やりの道具を質問者に回答します。

Yahoo!「畑の水やりについて、アイデアを貸してください」からの質問に、動画で答えます。(クリックで質問の大元)

畑の水やりについて、アイディアを貸してください。

軽トラの荷台に積んだ給水タンク(18〜50リットルほど)に入った水を、軽トラの入れない15〜35メートルほど離れた畑の花や野菜の水やりに使いたいです。

 

この方の苦労されている点は

  • 給水タンクからジョウロにくんで、手で運んでいる。
  • 畑の端まで35メートルを往復するのが辛い
  • 畑の給水タンクは雨水だけでは足りない

と言うことです。

 

いやはや、これはとても大変です。嫌になりますね。

 

私も経験あります。

この方の知りたいことは

  • 楽に水やりができる方法が知りたい。
  • 条件は、電源なし(電池式など電源がなくてもできるものがいい)
  • 安く簡単にDIYできる方法があれば知りたい

とにかく、楽に水やりできる方法が知りたい。と言う点に重点を置きます。

安く簡単にと言う点にも、力を入れたいと思います。

 

いちろう
と言うか、私がこの問題めちゃめちゃ苦労して、いろんな農家を回って、一番良さそうでどこでも使える手段を作りましたから、そのまま載せます。

 

ここまでが前提としての条件です。

いろんな意見があります。
そもそも水のいらない作物を作るとかね。

もちろんその意見もありですし、私自身もそのようにします。

水のいらない作物を作る方が効率的で、品質も良くできます。

ですが、質問してくれた方は、

こんな方におすすめ

  • 水が出ない環境で
  • 水の必要な作物を作りたい
  • 毎日手軽に水をやれる環境構築の手法を知りたい

 

 

と言ってくださっています。
単純に、そのニーズにお応えすることで、農作業が快適になります。

□畑の水やり道具を手に入れることで、野菜が作れるようになります。

水がやれる手段を得ることで、想像の幅が広がり、やれることが増えます。

水をやる手段を手に入れることで野菜が作れるようになる

  • 今の作物がよりうまく作れる
  • さらに応用のアイデアが生まれ、より違う挑戦ができるようになる。
  • 私にお礼が届く(かも?)

 

 

では解説していこうと思います。

まず、前提なのですが

こんな方におすすめ

  • 軽トラ1台で水をどこでもやれる方法が知りたい
  • 水源がないところでも、毎日散水できる方法です
  • 300リットルまで一度で運ぶことが出来る
  • 畑に貯水することも可能(一気に300リットル)

 

 

ということが実現できます。

しかも、

こんなメリット

  • 自動でポンプアップされる。
  • 圧力の調整ができるので、水圧を好みにできる
  • 軽トラ一台あれば、難しい操作がなくいつでも散水できる

 

 

ということができます。

■畑の水やりに使う道具を「動画で実演」

電源がなくても、どこでも水を出せます。

■畑の水やりの道具はこれを揃えてください

 

  • KOSHINの50πエンジンポンプ(50ぱい:接続金具の径が50ぱいというサイズ)
  • サイズダウンのメス器具
  • 25メートルホースリール付きホース
  • 水を与えるためのハス口(はすぐち:ジョウロの先端のこと。かなり重要)
  • 給油のためのガソリン携行缶
  • 水を吸うための硬質ホース
  • 500リットルタンク

この7点です。

KOSHINの50πエンジンポンプ(50ぱい:接続金具の径が50ぱいというサイズ)とサイズダウンのメス器具

KOSHINの50πのポンプと接続の50πの雌器具です。

KOSHINの50πのポンプと接続の50πの雌器具です。

組み立てます。
まずポンプにつける、硬質ホースとリール付きホースのセッティングです。

硬質ホースは、ポンプを購入した時に同梱しているプラスチックの接続器具をはめ込みます。同梱のホースバンドでとめます。

硬質ホースは付属のプラスチックの接続器具をはめ込み、付属のホースバンドで止めます。

硬質ホースは付属のプラスチックの接続器具をはめ込み、付属のホースバンドで止めます。

リール付きホースは、接続部分に、サイズダウンのメス器具をつけます。

雌器具とホースをホースバンドで止めて、ホースリールへつなぎます。

雌器具とホースをホースバンドで止めて、ホースリールへつなぎます。

リール付きホースの散水口に、ハス口を繋ぎます。

ハス口も、メス器具もホースバンドでとめます。

リール付きホースの散水口に、ハス口を繋ぎ、ホースバンドで止めます。

リール付きホースの散水口に、ハス口を繋ぎ、ホースバンドで止めます。

 

ポンプと、硬質ホースを繋ぎます。

KOSHINの50πのポンプと接続の50πの雌器具です。

KOSHINの50πのポンプと接続の50πの雌器具です。

ポンプと、リール付きホースを繋ぎます。

タンクに水を入れます。

500リットルのタンクに水を50リットルほど入れます。硬質ホースを入れます。

500リットルのタンクに水を50リットルほど入れます。硬質ホースを入れます。

50リットルくらいあるといいですね。

ポンプにガソリンを入れて、エンジンをかける準備をします。

硬質ホースを手で持ち上げ、水の中で振り動かすことでポンプの中に水を入れます。(直接ポンプのひねり口から水を入れてもオーケーです。)

ポンプに呼水を入れます。呼水を入れないと壊れるので、必ず入れてください。

ポンプに呼水を入れます。呼水を入れないと壊れるので、必ず入れてください。

 

エンジンをかけます。

硬質ホースからの吸い込みがはじまり、ハス口から水が出ればオーケーです。

硬質ホースからの吸い込みが始まり、ハス口から水が出ればセッティング完了。

硬質ホースからの吸い込みが始まり、ハス口から水が出ればセッティング完了。

■この装置が液肥を畑に散水するのに、とても役に立ちます。(一番安定して使える)

畑での水やりの吸水は、川の水や、用水路からの汲み上げがとても頻度が高いです。

シャワーヘッドはココがダメ

そして、用水路の水は水道と違い、砂や藻などの不純物がとても多く、通常の
シャワーヘッドでは1分で目詰まりします。
「全く仕事にならない!もう!」

となります。

シャワーホースでは詰まってしまうゴミも、このハス口はこのネットで受け止めています。水の勢いも変わらない

シャワーホースでは詰まってしまうゴミも、このハス口はこのネットで受け止めています。水の勢いも変わらない

だから、先程紹介したハス口が役に立ちます。

このハス口なら、ゴミは詰まりません。たくさん散水する場合も、100リットルを15分ほどで散水することもできます。

このハス口なら、ゴミは詰まりません。たくさん散水する場合も、100リットルを15分ほどで散水することもできます。

家庭菜園で野菜を作る人にとってこんなに便利。

  • ゴミは吸い込んでも大丈夫。
  • 出口のネットでゴミは止まる。
  • ネットで水が拡散されて、野菜が傷つかない(野菜への当たりは弱い。)

 

安いけど、なかなか性能の高いハス口で、何年も愛用しています。

■この装置が畑の水やりの道具として低コストで応用が効く

他にも、硬質ホースでないと、水の吸い取り口は吸い込めません。ポンプで水を吸う前に、ホースの空気を吸ってしまい水を吸えないからです。

さらに詳しく1

応用事例1 :水路から汲み上げできる。

硬質ホースとポンプのセットは、水路から水を汲みあげるのにもそのまま使えます。

さらに詳しく2

応用事例2: 用水路蛇口から圧力を加えて汲み上げできる。

硬質ホースとポンプのセットで、用水の蛇口に接続して、水に圧力をかけて汲み上げできます。

 

さらに詳しく3

応用事例3:スプリンクラーや散水ホースの圧力不足を解消。

スプリンクラーや散水チューブを買ったけど、圧力が足りなくて水が出ない時、このポンプアップ1式を水源とスプリンクラーの間に噛ませることで、スプリンクラーが回るようになります。

■ちなみに、この質問にも同じ道具で解決です(道路を隔てての水路からの汲み上げ)

家から離れた小さな畑でマルチをかけて野菜を作っています。マルチなので水は自然の雨にまかせてきましたが、7月中旬からほとんど雨が降りません。これからもしばらくまともに降らない予報です。道路を隔てて水量豊かな水路があり、そこからジョウロで何度も往復です。この水路からくみ上げて畑に水を撒けるような機械、器具、道具がホームセンターなどに売ってないでしょうか?

このお悩みも、ぜひ上の方法でポンプアップをしてみてください。きっとうまくいくと思います。

 

-農業のやり方・基礎知識

© 2020 さいこうやさい