マルチキーパーの使い方。30cm間隔で

マルチキーパーの使い方では、草取りせずにナス栽培できる。

農業のやり方・基礎知識

マルチキーパーの使い方【草取りなし】家庭菜園

悩んでいる人
マルチキーパーの超カンタンで草の生えない使い方を知りたいです。
いちろう
かなり家庭菜園が楽になりますよ。 楽しい草取りしない家庭菜園にもできます。

こんな方におすすめのマルチキーパー の使い方。

  • 風で飛ばないように挿すには?_
  • 草が生えないように使うには?
  • 硬くてさせない時は?

ということがわかります。

実際に家庭菜園で使っていて、毎年うまくいっている方法なので、とてもオススメできる使い方です。

家庭菜園で一年中草取りをしないマルチキーパーのカンタンな使い方とコツを解説します。

■マルチキーパーの使い方。【草が生えない】畑の雑草対策にマルチを張る。

マルチキーパーとマルチを使って、草の生えない畑を作ることができます。

ナスの家庭菜園では、一度も草取りをしないまま今は2年目です。
それはマルチキーパーとマルチを使って土を全て被って栽培しているからです。

ナスも元気で、毎日大きなナスが3本くらいとれます。

大きな葉っぱの裏に、いい感じのナスがなっています。

大きな葉っぱの裏に、いい感じのナスがなっています。草取りしなくていいので、ナスも手入れしやすい。

  • 草取りを気にせずに、しっかりナスの虫を観察したり、
  • 草がないので、虫も繁殖しないし、
  • 草に肥料を吸われないので、追肥や液肥がしっかりナスに効く

と言った栽培しやすい効果が沢山あります。

□【失敗】マルチキーパーの使い方通りに1メートル間隔で抑えて、風で飛んだ。

畑にマルチを引きながらマルチキーパーで1メートル間隔で止めていきました。
作業している時は風も少なく結構順調に行ったのです。
翌日以降強風が吹き半分以上吹き飛んでしまいました。
強風が吹くような畑で1メートル間隔でマルチキーパーを止めるのはうまくいきません。

□2年目以降、マルチキーパーの使い方を変えた。

広い畑で使うのではなく、全面マルチを出来るような狭い家庭菜園で使うことにしました。
全面マルチがマルチキーパーの使い方として正解で、全然草が生えないようになりました。

□家庭菜園でマルチとマルチキーパーを使って雑草が生えなくなった。

  1. まず元肥を入れて、畝を作ります。
  2. 次に畝からマルチを貼っていきます。
  3. この時もマルチの端にはマルチキーパーを使います。
  4. 仮止めと言う形で使います。(あとで抜くことはしません)
  5. 畝をきれいにマルチを張ったら、次は畝間をマルチを貼ります。
  6. 左右の畝の肩にマルチキーパーでマルチに刺していきます。
  7. これで全面マルチが完成です。

 

畝の肩にマルチキーパーをさす。

畝の肩にマルチキーパーをさす。風でピラピラするので、結局30cm間隔で刺しています。

風が吹くとピラピラするところに、追加でマルチキーパーを使っていくと、かなり刺すことになります。
でも、草が生えないし、ピラピラしてると気になるので刺してしまいます。

■マルチキーパーの使い方【なすの苗を植える前】の雑草対策に有効

マルチをしていると、土の中が温度が上がり、湿度も保たれるので微生物が活発に動き、いい土になってきます。

ナスの苗を植える前からずっとマルチを張っておいて、雑草も防いでいます。

□マルチキーパーを使って、ずっとマルチを張っておく

私は2年目ですが、ナスの苗を植える前から、マルチキーパーを使ってずっとマルチを張ってそのままにしておきます。

そしてナスが秋に終わった後もずっとマルチはそのままです。

そうすると草が生えないし、土が良くなっていきます。

□冬にマルチキーパーを外して、マルチを剥がして寒起こし

冬の一番寒い時期に、マルチキーパーを外してマルチを剥がしてしまいます。

そうすると、キレイな畝が出てきます。
スコップを使って、しっかりと深く反転させていきます。
天地返しというやつです。

しっかりと反転したら、そのまま霜にあてます。
冬の一番寒い間は草も少ないので、そうすぐに生えてきません。生えてきたら元肥を入れて畝を作ります。

□元肥をいれて、マルチをマルチキーパーで止める。

今からマルチキーパーを使って全面マルチをすると、草が生えないし、植え付け前に天気で焦ることもありません。

畑のすみっこのコンクリートブロックまで、マルチキーパーで固定

畑のすみっこのコンクリートブロックまで、マルチキーパーで固定。隙間から草が生えない

ナスの元肥をしっかりと入れ、また耕します。ついでに畝を作ってしまいます。

昨年使ったマルチとマルチキーパーを使って、そのままマルチを張っていきます。去年からそのままなので、サイズもぴったりでカンタンです。

これで、植え付けまで草は生えません。

□マルチキーパーの使い方で、一年一度も草取りしない

一連の流れを説明してきましたが、このようなマルチキーパーの使い方をしています。
この方法で、一年間一度も草取りをしていません。

かなり家庭菜園が楽になりますよ。
草取りしない家庭菜園です。

■マルチを張るために土をかけないでマルチキーパーを使う

  • マルチを畝に貼って、マルチキーパーで止める
  • 畝間にマルチを張って、マルチキーパーで止める

 

マルチキーパーの土の露出をなくしています。

マルチキーパーで土の露出をなくしています。
隙間なく、かぶせることで草が生えません。

この手順で、土をかけないでマルチキーパーを使うことができます。
そうすることで、土が露出せず、草が生えないし、草取りも必要なくなります。

プロのハウス農家も使う方法です。

□マルチキーパーを使って、畝間もマルチを張る

マルチキーパーを使ってマルチを張るメリットに、土をかけないでも抑えることができます。そのため、畝間に草を生えないように、全面マルチができます。

畝間の草取りって、もう一番嫌な作業の一つです。
マルチキーパーは畝間の草取りをなくすことができますよ。

□マルチを張って土をのせては、そこから草が生える

マルチを張った後、上に土をかけます。
そうしたら、畝間と、のせた土から草は生えます。
なので、マルチキーパーを使って畝間にマルチを張っておくと、草が生えないし、土を上に乗せる手間もかからないですよ。

■マルチキーパーの超ラクな使い方

マルチキーパーは素材がプラスチックなので、正直言えば、固い土は無理です。

曲がってしまいます。

ですので、畝を立てた直後に使うのが一番楽で、固定できます。

□畝を立てた後にすぐに使うのがマルチキーパーは楽

マルチキーパーの問題点って、固い土には刺さらないことです。

土がかたくてマルチキーパーが半分しか刺さりません。

土がかたくてマルチキーパーが半分しか刺さりません。1カ所だけだからいいけど、マルチが破れる原因ですよね。

手が痛くて続きませんし、深く刺さらないのでマルチが風にあおられてやぶれます。

畝を作ってすぐに、マルチキーパーを指すと楽です。

■マルチキーパーをメルカリで販売したことがある話

少し前、マルチキーパーを箱買いしたんです。
数にして50袋、マルチキーパーの数は5000本です。
露地栽培で1メートル間隔で計算してマルチキーパーを買ったのですが、1メートルでは風にあおられて使い物にならず、結局断念して、ハウスと家庭菜園で使いました。

□マルチキーパーは200本が家庭菜園で使いやすい本数でした。

余った分はメルカリで販売し、全て売れました。

家庭菜園やる人は、2袋ずつ買っていきます。200本です。

200本がマルチキーパーを使うには、必要分ということですね。

マルチキーパーの使い方が50cm〜80cmとなっている。

使うには、ハウスの中では1mで十分。家庭菜園では50cmだと、風でぴらぴらする。

□マルチキーパーはハウスや家庭菜園で使える!

ハウスは風が吹かないので、1メートル間隔で問題なく使えます。

家庭菜園では、ナス様に使っています。数は気にせず、飛ばない様に使うという感じ。

マルチキーパー1袋。

マルチキーパー1袋。こんな袋に入っているけど、100本は意外と少ない。

問題なく使えます。ナスも元気で毎日3本くらい、大きいのがとれます。

いいナスができています。

いいナスができています。マルチキーパーで結構草がないのは重要です。

-農業のやり方・基礎知識

© 2020 さいこうやさい