一回の産卵で、大量のヨトウムシ。対処は大切です

家庭菜園の費用

【知らないと失敗】11月の白菜の軟腐病の農薬、アブラムシ対策

2020年の11月になります。

今年の気温は寒く感じますが、こよみでは平年並みのようです。

 

11月の白菜、大根、キャベツなどのアブラナ科の代表的な病害虫

こんな方におすすめ

  • アブラムシと菌核病を同時に防ぎたい
  • 農薬を混ぜたり、倍率を計る手間や、水を防ぎたい
  • いや、とにかくカンタンにやりたいんだ。野菜もダメにしたくない!

アブラムシと菌核病(キャベツや白菜が腐ってしまうやつ)11月に予防しないと12月、1月、2月とどんどん腐っていく・・・。

こんな便利なスプレーがあった。1本で2役。価格も手軽(アマゾン)

 

10月末から、気温が20度近くになって病気がよく発生する時期です。

白菜の軟腐病(なんぷ病)に注意!(どんどん広がる)

雨が降って白菜の下の葉が黄色くなってきたら、軟腐病に注意です。

 

1日、1日と経つごとに、どんどん増えていきます。

 

最終的には腐ってなくなってしまいますので、放置はダメだと思います。

 

 

白菜、大根などのアブラナ科はアブラムシに注意です。

大根の葉の裏のアブラムシ。この時点で予防しないと広がるおそれあり

大根の葉の裏のアブラムシ。この時点で予防しないと広がるおそれあり

アブラムシの対処は、予防に重点を置いていきます。

ウララDF、モスピラン、アドマイヤーなどはアブラムシに予防効果のある農薬です。

 

キャベツや白菜の病気では、20度程度の気温では菌核病や柔腐病がでる季節です。

 

バリダシンなどが有効です。

白菜の黄色くなった葉をよくみてみると腐っています。

白菜の黄色くなった葉をよくみてみると腐っています。

 

 

これ、まずくない?やばいよね?と思ってからでも間に合うので、

やばいよね・・・。と思い始めたらすぐかければ、とまります。

こんな症状はやばいですよ。

こんな症状はやばいですよ。3株、5株とどんどん広がります。収穫時期には10株なくなっていたこともあります。

 

害虫はヨトウガ、コナガが多い季節です。

ヨトウムシ、コナガはあっという間に広範囲を食べてしまいます。

コナガとヨトウムシの被害がすごい

コナガとヨトウムシの被害がすごい

アニキ乳剤、ディアナSCなどが有効です。

 

防虫ネットでも無理だなと感じたら、農薬を使うのもあり。

 

収穫間際でダメにするより、少し使ってみるのも、1つの方法です。

 

こちらもCHECK

コナガとモンシロチョウ意外にもたくさんの虫が住んでいます。
コナガとモンシロチョウの違いを知って、キャベツを育てる対処を学ぶ

悩んでいる人キャベツを育てるのにコナガとモンシロチョウって対策とか違うの? コナガとモンシロチョウは別物で、大きさも対策も違います。 生物学的な違いではなく、キャベツを育てるために知っておくべき違いを ...

続きを見る

-家庭菜園の費用

© 2020 さいこうやさい