家庭菜園の始め方、収穫トラブル、発芽する水かけ

家庭菜園の始め方、収穫トラブル、発芽する水かけ

家庭菜園の費用

【パート3】家庭菜園の始め方、発芽する水かけ、収穫トラブル

家庭菜園が難しそうなポイント

  • 発芽しないこと
  • 収穫までスムーズにいかないこと
  • 病気や害虫のトラブルでどうしたらいいかわからない

 

という3つのことです。

動画は、2ヶ月で収穫できる野菜、葉物野菜の畑の感じがみれます。(2分くらい)

 

このパート3を読むことで

いちろう
「なんか調子悪そうだけど、

まぁいいか。できた分だけ食べれれば・・・」

と放置しつつ

ぜんぜん収穫出来ない・・・。

 

を防ぎつつ、

「すごい!家庭菜園、うまくできるじゃん!」

まで 行くための

2ステップ記事です。

家庭菜園を始めて、このサイトのおかげで上手に野菜ができました!

家庭菜園を始めて、このサイトのおかげで上手に野菜ができました!

 

最後まで読むと、

家庭菜園をうまくいかせるための

知識を、きっと身に付けることができるでしょう。

 

 

 

 

■はじめての家庭菜園の水のかけかた

□どんな風に水をかけると、ちゃんと発芽するの?

たっぷりと、畝に水が染み込んでいます。

たっぷりと、畝に水が染み込んでいます。表層は流れていないし、しっかりと土と苗の根を密着させてあります。「これで苗はサッと根を伸ばせる環境に」なります。もちろん、種まきも一緒です。

水のかけ方は、様々ありますが、

ちゃんと発芽する水のかけ方はポイントがあります。

発芽する水の掛け方の3つのポイント

  • 水が表面から深さ5センチくらいまでたっぷりかかっていること。
  • 土の表層(ひょうそう:土の表面から種が埋まっているあたりのこと)が流れてしまわないように優しくかけること
  • そして、種をまいた後の土を、しっかりと鎮圧(ちんあつ:足で踏むくらいの土と種を密着させている)していること

 

この3つです。

 

 

 

□水のかけ方で発芽が変わるの?

実際はかなり変わります。

農家は、特にたくさんの面積を栽培するため、

 

さきほどの

3つのポイントを押さえて、

とにかく、確実に発芽させます。

 

 

 

とはいえ、

道具もやはりこだわります。

 

こだわりポイントは

うまく発芽すること。

 

◇ちゃんと発芽するホース

家庭菜園では、このホースがオススメです。始める時、最初はこれ。

家庭菜園では、このホースがオススメです。始める時、最初はこれ。2つありますが、ゴミが混ざる場合は上のホース口。上水道の場合は、下のハス口です。

家庭菜園で大切なのは、水やり。

水やりは、発芽させるのにかなり重要です。

 

家庭菜園には、このホースがオススメ。

 

ハス口(はすぐち:野菜苗などに水をかける道具)というのですが、

 

販売しているものの中で一番安い価格帯で、

ゴミの詰まりもなく、

私も使い続けているものです。

 

特徴は

  • 安い
  • ゴミが詰まりにくい
  • 野菜への水の勢いが優しい

こんなに違うの?

と思うくらい

 

 

道具ひとつで変わります。

 

 

 

 

 

■はじめての家庭菜園で、防虫ネットはどんなものが良い?

防虫ネットを使うことで、蝶や蛾が飛んできて卵を産み付けることを防げます。

 

デメリットは、

  • 土の中の卵や害虫は防げないこと
  • 風でネットがめくれあがること

 

ですが、

  • 外からの害虫を防ぐ
  • 初期の小さい野菜の芽を食べ尽くされない

という点で、役立つ道具ですし、

 

農薬を使わないで野菜を育てたい方には

必須のアイテムです。

 

□防虫ネットの目の細かさが大切

一番大切なことは、防虫ネットの目の細かさです。

 

たくさんの種類があり、

迷いますが

 

ここでは、1mm目を選べば大丈夫。

 

1mm目の防虫ネットはこんな方におすすめ

  • ほとんどの害虫を防虫ネットからの侵入を防げる
  • 価格も、安い方。

 

 

 

 

 

余談ですが

赤い防虫ネットがあれば、

同じ1mm目でオススメです。

 

害虫の目からは 赤い防虫ネットは 「真っ黒な壁に見える」

 

ので、

 

その先に野菜があるか認識出来ません。

 

つまり、

見た目的に

 

野菜が存在しないことになります。

 

 

デメリットは、そこそこ高い

 

 

しかし、

プロの農家御用達の

赤い防虫ネットは、

 

野菜を透明マントで隠すようなものなので、

実際の現場では使われている防虫ネットです。

 

 

□防虫ネットを支える支柱はどんなもの?

「ダンポール」という支柱を使い、防虫ネットをかけています。

「ダンポール」という支柱を使い、防虫ネットをかけています。ネットを浮かせることで、玉ねぎの苗の虫食いを防いでいます。

ダンポールという、

グラスファイバーで出来た防虫ネット用の支柱があります。

 

支柱にも色々あり

針金製の支柱は価格が安く、

グラスファイバーの支柱は

針金製の支柱に比べれば、少し高い

 

使いやすさは、

針金製の支柱は、形がもとに戻らないので

調整しにくい。

 

形が崩れやすい

 

 

グラスファイバーは形状がもとに戻るので、

  • 扱いやすい
  • 長持ち
  • 錆びない

 

という感じで、

私は両方持っていますが、

針金製の支柱は収納しずらいので、

ほとんどグラスファイバーの支柱を使っています。

 

 

□防虫ネットの隙間を押さえる留め金

 

さて、防虫ネットは、風で飛びます。

 

ここ、お悩みポイントです。

 

 

どうするのかというと、

土をネットの裾にのせます。

 

しかし、それでも風を受けてしまうので飛ぶんです。

 

そんなときどうするかというと、

マルチキーパーを使います。

 

プラのマルチキーパーでは、

ネットに大きな穴が空くので

 

針金マルチキーパーを使います。

最小限の穴で住む

パワーが強く、飛ばされにくい

 

というメリットあります。

 

■はじめての家庭菜園で、マルチはどうすればいい?

マルチシートを使い、保水、保温、雑草防止をします。

マルチシートを使い、保水、保温、雑草防止をします。

マルチ…と言えば聞いたこともある

雑草を抑え

畑の土を温めてくれて

保湿もしてくれる

マルチシートのことです。

 

 

家庭初心者には、

とってもありがたい機能です。

 

 

 

もちろんプロの農家にとっても。

プロの農家はマルチャーというマルチシートと畝を同時に作る機械を使います

プロの農家はマルチャーというマルチシートと畝を同時に作る機械を使います

 

 

ただ使い方を知らないと

風に飛ばされたり

保温効果が発揮されなかったり

草取りしなければいけなくなったり

 

マルチャーは数センチ単位でセッティングする。

マルチャーは数センチ単位でセッティングする。下手に機械を買うより、家庭菜園の規模なら、クワを使ってマルチを張る方が、速いし楽です。

 

あんまり意味ない

 

ってことになりますので、

選び方から解説です。

 

 

□最初は基本的な黒マルチで大丈夫

 

1坪の家庭菜園では、90センチの黒マルチシートを選びます。

家庭菜園でオススメは90cmの黒いマルチシート

家庭菜園でオススメは90cmの黒いマルチシート。なぜなら、90cmはとても使いやすい長さ。175cmの長さは、2列で植える場合に使えます。

 

農業用のマルチシートは、

農業用のマルチシートの種類

  • 透明マルチシート
  • 黒マルチシート
  • 銀マルチシート

とたくさんの種類がありますが、

 

 

最初は黒マルチシートで大丈夫です。

 

 

 

 

価格もオリジナルブランドが出るほど

流通が多く、安く済みます。

 

 

 

黒マルチシートの機能以上のことが

必要になったら、

考えてみれば大丈夫。

 

 

□黒マルチの長さは?選び方を教えます

家庭菜園で1坪から始める場合、価格も安く

取り扱いしやすい90センチの黒マルチシートがいいですね。

90cmのマルチが使える畝

90cmのマルチが使える畝。畝の広さは40cm、高さが15cm。合計でマルチシートがかぶる長さは70cm。そして、土に両側10cmずつ埋めるので、合計90cmになります。

 

 

□黒マルチの活用で、草取りをなくせます

黒マルチをうまく使うことで、

畝間もマルチシートをして、全面マルチにする。

畝間もマルチシートをして、全面マルチにする。

草取りをゼロにすることもできます。

 

 

私は、有機JASで玉ねぎを栽培していたとき、

黒マルチを畝の間の通路に敷くことで、

 

土を全部見えなくして、

草を生えなくなりました。

 

 

□「害虫、雑草を予防」家庭菜園だからこそ、黒マルチを徹底活用する

 

害虫を予防できれば・・・・

と思うなら、

 

 

雑草の予防が1つの手段です。

雑草があるから、

  • 虫や、病気に気が付きにくくなったり、
  • 風通しが悪くて、病気になりやすかったり

 

ということがあります。

畝間だけマルチを敷くのもありです。

畝間だけマルチを敷くのもありです。玉ねぎの苗ですが、マルチには適しません。でも、畝間をマルチを敷くことで、草を防いでいます。

 

 

そういった

いちろう
「自然に任せっぱなし」

ではなく

 

ある程度「見える化」して

 

必要な時に

ちゃんと気がついて、管理してあげられる

 

野菜作り。

 

そんな野菜作りに、黒マルチを上手に使うことができます。

 

 

■家庭菜園の始め方 発芽してからの野菜作り編■

□家庭菜園を始めたら:発芽したら後は野菜の健康管理

カブの白サビ病

カブの白サビ病

例えば、

小松菜、カブなどのアブラナ科野菜は

白サビ病が出たりします。

 

 

なんだか、

違和感がありますよね。

これがあるだけで、

 

 

野菜は美味しくなさそう…

 

 

こちらの白サビ病は、

 

ランマンというお薬で予防することができます。

 

 

□種まき野菜の健康管理:肥料は元肥のみが基本

 

今回紹介した葉物野菜は、

 

肥料は元肥のみが基本です。

 

追肥をすることはあまりなく、

 

成長途中で

 

黄色かったり、

肥料不足の症状が見えたら肥料を追肥するのもあり。

 

 

 

 

□プロの農家は、葉物野菜は元肥の後にたねをまき、水のやり方で育てていく

 

 

基本的には、葉物野菜は

  1. 元肥
  2. 畝立て
  3. 種まき
  4. 水やり
  5. 発芽
  6. 水やり
  7. 成長
  8. 水やり
  9. 収穫

 

という工程がイメージして貰えればいいかなと言うところです。

 

 

■家庭菜園を始めたら起こるトラブル

 

家庭菜園を始めたら、

種をまいて

収穫できた!

 

 

となるほどカンタンに行けば良いのですが、

 

家庭菜園をやめてしまう方の理由は

 

忙しいから

うまく行かないから

 

 

の2つになります。

 

 

あらかじめトラブルが起こることを知っていて

 

 

対処する方法が分かれば

 

 

ずっと続けれる

手間が少ない

美味しい取り立て野菜をたべれる

 

 

という、夢の家庭菜園ライフを

満喫できるんです。

 

□葉物野菜のトラブルは、害虫と、病気

 

家庭菜園でよく聞く、

発芽しない

 

という問題は、解決する知識が

ついたと思います。

 

 

その他で

虫に食べられた。

なんか変、黄色い、腐ってきたなどの

病気に対する知識をつけましょ

 

 

◇葉物野菜の害虫は、有機JAS対応のお薬があります。

 

スピノエースとか、ゼンターリとかあります。

 

でも、これらは家庭菜園初心者には難しい、

というか、手間がかかります。

 

このスプレーが一番手軽です。

 

購入価格も安いので、

オススメです。

 

 

葉物野菜の害虫は、

けっこうアオムシ系に食べられます。

 

アオムシにも色々あって、

チョウチョ系のアオムシ

ガ系のアオムシ(青くなかったり、黒かったりします)

 

があり、

その種類によって効かないお薬があったりします。

 

 

ほんの少しやってみたい方には

まず調合のいらないスプレーから。

 

 

もし、もう少し使うけど、

 

もう少し安くならないかな?

 

と感じたら、

 

 

さきほどの紹介した

 

スピノエースやゼンターリを使うと

 

 

 

調合の手間はいるけど

割安になります。

 

◇葉物野菜の害虫に使う、有機JAS対応のお薬の使い方

 

スプレーは、

害虫に向けて吹きかけるだけ。

 

見つけたときにサッと使えるのが

 

手軽で

タイミングとしても抜群によいです。

 

 

 

 

お手軽な自然由来の成分

 

 

◇葉物野菜の病気は、有機JAS対応の予防剤があります。

銅イオンで、病気を防ぐ

 

こちらも、

スプレータイプに含まれています。

 

 

 

そして、コスパよくしようとすると、

 

調合が入りますが、

ボルドーという名前のついている

銅イオンが病気を予防するものです。

 

 

 

このボルドーも、

 

ひと袋あると

家庭菜園でずっと使えるくらいの量があるので

 

かなりコスパ良いです。

 

 

■家庭菜園を始めたら、収穫まで行きたい!

家庭菜園を始めて、初収穫まで行こう

家庭菜園を始めて、初収穫まで行こう

ここまでの流れで

収穫までできると思います。

 

 

 

栽培の

ポイントが分かれば、

 

 

やっているうちに

わかってきます。

 

 

やってみると、

ここ、どうすればいい?と疑問が湧いてきますので

 

 

またこのパート1~3で

初めての方に向けてできるように調べられます。

 

 

目次はとても調べやすいので、

ぜひ活用してください

 

 

□家庭菜園で収穫したら?

 

家庭菜園で収穫がはじまると、

それは食べ切れないくらいの量がとれたりします。

 

そんなときは

保存袋を活用して、冷凍したり、

冷蔵で長持ちするようにしたりするのもとても便利です。

 

一番カンタンに手に入って、有名なのはジップロックですね。

 

私もよく使います。

 

値段はそこそこ高いですが、

使いやすいのでいいですよね。

 

 

家庭菜園の始め方は3つのパートでできています。

下記のリンクから、どうぞ

こちらもCHECK

【パート2】家庭菜園の始め方土作りの道具と、一坪の肥料まき

続きを見る

こちらもCHECK

【パート1】初めてでできる家庭菜園! 始め方とおすすめ野菜

続きを見る

  • この記事を書いた人

いちろう

愛知県知多半島でニンジン、キャベツ、白菜などを生産している認定農業者です。高級店20店舗に有機JASニンジンを出荷していました。現在は収穫祭などを開催し、直接、美味しい野菜を自分で収穫して食べたい家族と共に野菜を収穫しています。

-家庭菜園の費用

© 2021 さいこうやさい