キャベツの連作障害の予防方法

キャベツの連作障害は2つ。予防しましょう。

家庭菜園の費用

【農家の】キャベツの連作障害を予防する場合の方法

キャベツの連作障害は2つあり、

 

  • 根こぶ病
  • 萎黄病(イオウ病)

の2つです。

 

根こぶ病は線虫が原因なので、

毎回キャベツ苗を植える一日前に苦土石灰を3坪あたり1キロ混ぜ込む

 

萎黄病はYR(ワイアール)品種を作ることで、かなり防ぐことができる

 

という感じで「キャベツの連作障害を防ぐことができます」

 

いちろう
つまり、YR品種の苗を作り、植える前に苦土石灰を入れて植えれば連作障害は予防できます。

 

これでわかる方はこのページをそっと閉じていただければ大丈夫ですし、

 

もっと具体的なやり方を知りたい方は、順番に読んでいただけると、できるだけ再現できるように、書いています。

 

■キャベツの連作障害とは?(基礎的なこと)

キャベツで起こる連作障害は、

  • 根こぶ病
  • 萎黄病

 

と言われています。

 

 

実際の農業の現場ではそのとおりで、

それ以外にも病気はありますが、連作障害ではありません。

 

この2つのキャベツの生理障害に焦点を当てて対策することで、連作障害を防ぎつつ、キャベツを栽培していくことができます。

 

■キャベツを含めた連作障害を防ぐ輪作とは?

一般的に連作障害を防ぐためには輪作と言われています。

 

輪作(りんさく)とは、キャベツはアブラナ科であるため、同系統の

  • キャベツ
  • 小松菜
  • 白菜
  • チンゲンサイ

などのアブラナ科以外を次期作に栽培することです。

 

 

期間は3年サイクルがいいと言われています。

では、具体的な3年サイクルを次の項目で解説していきます。

 

■キャベツを含めた連作を防ぐ輪作の仕方

キャベツを含めた3年の輪作スタイル

  • 1年目 キャベツ
  • 2年目 レタス
  • 3年目 トウモロコシ

という感じで、3年サイクルです。

 

 

野菜の科目で言えば

 

  1. 1年目 キャベツ アブラナ科
  2. 2年目 レタス キク科
  3. 3年目 トウモロコシ イネ科

 

そして最初のキャベツに戻ってくるというわけです。

 

これは、同じ場所で作付けする場合です。

 

■キャベツの連作障害がおこる前に計画的に栽培する

キャベツ農家はキャベツの連作障害が起こらないように、毎年注意して栽培しています。

 

いったん連作障害がおこると、なかなか回復してくれず、良くなりません。

 

つまり、キャベツが作れなくなると言うことです。

具体的にどのくらい作れなくなるかというと・・・

  • 根こぶ病が発生すると、発生したあたり一帯が根こぶ病で作れなくなる
  • 萎黄病が発生すると、キャベツが黄色く変色しだし、奇形になったりする。伝染して広がっていくので、まともなキャベツが取れなくなってくる

という感じで、キャベツ農家もかなり注意したい項目なんです。

 

□なぜ連作障害でキャベツが作れなくなる?

 

それは、キャベツが栽培できなくなるくらいの被害が出る虫や、菌が増えすぎるからです。

 

先ほどのキャベツの連作障害とは、

  • 根こぶ病
  • 萎黄病

 

という2つでした。

キャベツの連作障害の原因をもう少し詳しく書いてみます。

□キャベツの連作障害、根こぶ病の原因

キャベツの根こぶ病の原因は、根こぶ線虫が増えすぎるからです。

 

え?なにそれ?

 

という感じですが、

 

線虫という目に見えないほどのサイズの虫が、キャベツの根にこぶを作ってしまう

 

と言うことです。

 

根はキャベツの生命線。

人に例えるなら

動脈にこぶができて血液が流れなくなる状態です。

 

ココに注意

根こぶ線虫がキャベツの根を食害(しょくがい:食べて根の機能を正常に働けなくしてしまう)するため、

根こぶ病が出た場合、キャベツはまともに収穫できません。

(10個根こぶ病が出たら、8個か9個取れないくらい)

◇キャベツの連作障害の根こぶ病が発生してしまうと遅い

 

キャベツの根こぶ病が一度発生してしまうと、何年も作れなくなるキツイ状態になります。

 

何年か経てば収まるわけでもなく、根こぶ線虫を減らすための対策をしなければなりません。

 

一般的に、根こぶ線虫を減らすための対策は…土壌消毒です。

 

◇キャベツの連作障害、根こぶ線虫を予防する方法

苦土石灰を300坪あたり100キロ、植える前に土に混ぜ込みます。

 

キャベツの根こぶ線虫は、酸性で繁殖しますので、苦土石灰で中和し、根こぶ線虫が発生しないpHにするという予防対策です。

キャベツの根こぶ病を防ぐ苦土石灰の量

  • 300坪あたり100kg全体に散布
  • 30坪あたり10kg全体に散布
  • 3坪あたり1kg全体に散布

 

散布するタイミングは、

 

  • 毎回キャベツを植える前に土に混ぜ込みます。
  • タイミングは前日までで大丈夫です。

 

□キャベツの連作障害、萎黄病の原因

 

萎黄病(いおう病)は、読んで字のごとく、黄色に萎縮してしまう病気です。

 

こちらもまともに育たなくなるので、とても大問題な病気です。

 

◇キャベツの連作障害で、萎黄病が発生してしまうと遅い

 

こちらも、発生してからなんとかしようとしても、現状ではあまり手だてがありません。

 

発生する前の予防方法があります。

次の項目で、説明していきますね。

 

◇キャベツの連作障害、萎黄病を防ぐためには

キャベツの連作障害で萎黄病を防ぐためには、「YR(ワイアール)」という品種を使うことです。

こんな品種です。

萎黄病の対策品種のYR春空キャベツ

萎黄病の対策品種のYR春空キャベツ。萎黄病が発生しやすい26~ 30℃ になりやすい夏収穫の品種にYRが付いていることが多い。

これが萎黄病に対応した品種で、相当防ぐことができます。

 

萎黄病を防ぐためには、YR(ワイアール)品種を育てるのが解決方法です。

 

■キャベツの連作障害を回避するまとめ

 

キャベツの連作障害は2種あり、

  • 根こぶ病
  • 萎黄病(イオウ病)

 

  • 根こぶ病は線虫が原因なので、毎回キャベツ苗を植える一日前に苦土石灰を3坪あたり1キロ混ぜ込む
  • 萎黄病はYR(ワイアール)品種を作ることで、かなり防ぐことができる

 

と言うことです。

 

つまり、YR品種の苗を作り、植える前に苦土石灰を入れて植えれば連作障害は予防できます。

 

 

 

 

🥬キャベツ栽培を成功させるサイトマップ

知りたい内容を探さなくていいように、栽培の流れでまとめています。

 

🥬キャベツ栽培関連の購入方法

 

🥬キャベツ栽培の全体像

プランター栽培

栽培の全体の流れ

 

 

🥬キャベツ栽培の土づくり(5月)

連作障害

堆肥の使い方

キャベツの土づくり

 

 

🥬キャベツ栽培の種、苗、肥料、液肥、農薬の準備(6月)

種、品種の選び方、育ち方

ちゃんと育つ肥料

苗の選び方

農薬の選び方

 

 

🥬キャベツ栽培の苗づくり(7月)

 

 

 

🥬キャベツ栽培の苗植え(8月)

肥料のまき方(元肥)

畝の立て方

苗の植え方

 

 

🥬キャベツ栽培の追肥、肥料切れ、雑草、病気、害虫、液肥、農薬(8月〜11月)

キャベツの収穫(結球)までの流れ

草取りの方法

追肥の量とタイミング

肥料切れしても回復させたい時

土寄せ

キャベツの病気(予防→治療)

  1. 【防げます】冬キャベツの病気は「季節で出る」予防方法(イチョウ病、尻腐れ病、株腐れ病、黒腐れ病、黒斑細菌病、菌核病、べと病の対処と発生時期がわかります。)
  2. 【知らないと失敗】11月のキャベツの軟腐病の農薬、アブラムシ対策

キャベツの害虫の対処(キレイなキャベツが作れる)

 

 

🥬キャベツの収穫(11月〜4月)

収穫道具で、キャベツの鮮度が長持ちする

うまくできていなくても食べられるキャベツの見分け

 

 

 

🥬キャベツ栽培を始める前に知っておきたいトラブル

初心者が失敗しやすいポイント

  • この記事を書いた人

いちろう

愛知県知多半島でニンジン、キャベツ、白菜などを生産している認定農業者です。高級店20店舗に有機JASニンジンを出荷していました。現在は収穫祭などを開催し、直接、美味しい野菜を自分で収穫して食べたい家族と共に野菜を収穫しています。

-家庭菜園の費用

© 2021 さいこうやさい