畑の三相分布を整える

畑の三相分布を整える

家庭菜園の費用

【1分で読める】粘土質の畑の三相分布(固相、液相、気相)の知識

いちろう
家庭菜園用なので、ざっくりと知って、うまく作れるようになりたいわぁ!という方向けの土の知識の記事です

(11行目に、答えを1行で書いておきます。)

 

通常、土壌分析というと、肥料成分を調べてもらえるものです。

 

それは、農協でやってもらえる、土壌診断のことです。

価格は1000円かからないくらいでやってもらえます。

 

 

 

それはさておき・・・

 

 

 

 

肥料成分を調べるより、

 

畑の三相分布(さんそうぶんぷ)がまず初めだったりします。

農業屋の土壌診断を1万円で2年ほどやってもらいました。

 

 

畑の三相分布は(固相、液相、気相)の3つに分かれるのですが

 

 

粘土質の畑で一番大事なのは「気相(きそう)」を増やすことです。

 

冒頭の答えはここ。

ぶっちゃけ、畝を立てて野菜を作ることが、三相分布を使って野菜をうまく作る答えだったりします。

 

 

 

これだけわかればいいや、という方は、ここで閉じてもらってもいいですけど、

最後に粘土質の土づくりのページへのリンクを貼っておくので、

 

具体的にどうするか知りたい方は最後まで流し読みしてください

最後まで読んでくれると、嬉しいなぁ・・・

 

 

 

 

話を戻すと、

水没している畑は、「固相(こそう)」と「液相(えきそう)」でできています。

水没する液相ばかりの畑

水没する液相ばかりの畑。畝立てているのに、どうしてこうなるの?それは、水の逃げ道がないから。「排水路」がないんですね。

土壌は三つの層から構成されている。それが「固層」「液層」「気層」です。

 

三相分布とは

  • 固層は、固体から成る部分
  • 液層は、液体から成る部分
  • 気層は、気体から成る部分

 

 

これらの容積の割合によって、水はけの良い土や保水力ある土、
通気性良い土などを、ある程度判断するための指標になります。

 

 

 

粘土質で水没している場合の三相分布はどうなっているか

 

気相(きそう)がほとんどなくて

 

固相(こそう:土)と、液相(えきそう:水)になっています。

つまり、粘土質で水没している場合、三相分布でも「水没している」ということです。

 

 

固相:液相:気相=70%:25%:5%

 

みたいな数字になっています。

 

 

 

 

細かい数字はともかく、

畑で野菜を作れるようにするために、具体的にどうするか

水を減らして、空気の層を増やす

ということについて、次の項目で解説していきます。

 

粘土質の水没から、三相分布の気相(きそう:空気の層)を増やす方法

水を減らして、空気の層を増やすには

次の順番にやっていくことで、水没を回避し、気相(きそう)を増やせます。

  1. 畑の排水溝を確保する
  2. 畑に排水路を掘る
  3. 排水溝へ、畑の排水路をつなげる

 

この1から3をすることにより、水没している水は排水路へ逃げて、

結果的に気相が増やせます。

 

 

 

これって、実際に現場の畑でやってみるとわかるのですが

 

畑を大きな畝にしてしまっている作業なんですよね。

水没してしまっているから、畑自体を大きな畝に見立てて

 

水没しなくなった畑にさらに畝を立てて野菜を作る。

 

 

いちろう
畝の2段活用術です。

粘土質の水没を解決したら、次は粘土質の土づくりです。

粘土質の硬い土を野菜ができるふかふかの土にした方法
参考【実録】粘土質の硬い土を野菜ができるふかふかの土にした方法

悩んでいる人粘土質で土が硬いから、野菜がうまく作れない・・・ 確かにその通りです。 いちろう硬すぎる粘土質の畑は、野菜の根が張らないので、うまく野菜が作れません。     &nbs ...

続きを見る

-家庭菜園の費用

© 2020 さいこうやさい