オクラの苗が枯れてしまう原因は気温の低さと根の弱さ。

農業のやり方・基礎知識

オクラの苗が枯れる原因は低温。5月中旬に植えれば大丈夫。

悩んでいる人
ホームセンターで買ってきたオクラの苗を植えても、枯れてしまいそう…!
いちろう
オクラの苗が枯れる原因は低温に注意すれば大丈夫。 植えるときは5月中旬にします。根が少ない場合も、対処方法を書いています。

今年は過去最高の、1本のオクラから20本採れています。

\動画ではオクラの全体がみれます。/

 

 

 

 

■オクラの苗が枯れる原因

オクラが収穫できます。

オクラが収穫できます。苗をうまく植えられれば、あとはすくすく成長してくれます。

オクラの苗を枯れてしまってうまくいかないという原因は、

オクラが健康じゃないからです。
その理由は、

オクラが健康じゃない理由

  • 気温が低温(5月中旬じゃないから)
  • オクラの苗の根が弱い(根が少ない)

低温か、根が弱いことの2つ。

オクラの苗が枯れる原因と対処を知れば、簡単に作れるようになります。

□オクラの苗が枯れる原因は低温

低温にとにかく弱いです。

オクラの花は夏の花です。

オクラの花は夏の花です。寒いと咲けません。

私は5月に種をまくので、低温でうまくいかないことはないです。
5月って暑いですよね。オクラは低温ではトラブルおおいので、植え付ける時は5月中旬以降にします。

 

  • オクラの種をまくのは5月1日から。
  • オクラの苗を植えるなら5月15日から。

とにかく、暑くなってからです。

ココがダメ

ちょっとでも早くしようと思っても、低温で発芽しなかったり、成長が遅かったりで、結局うまく行きません。

□オクラの苗が枯れる原因は根がないから

オクラの苗をホームセンターで買うと、1つのポットに3つくらい発芽しています。とってもお得な感じで、バラして1株ずつ植えようとしますよね。

いちろう
1株ずつバラして植える。それ失敗します。

ホームセンターの苗は大抵根が少ないです。
なぜなら、ちゃんと管理できないから。

ホームセンターに苗が入荷してからは、とりあえず仕入れた苗が枯れないように水まきはしますが、
「とりあえず水まき」はオクラの苗の根が育ちません。

オクラの3株植え

オクラの3株植え。見ての通り、うまく育ちます。

バラして植えず、3株まとめて植えましょう。
3株まとめ植えは私が実践する家庭菜園の方法で、とっても柔らかいオクラがたくさん取れる方法です。

もう少し先で3株まとめ植えの方法を紹介します。
柔らかいうえに、大きなオクラがとれますよ。

□オクラの苗が枯れそうな原因は肥料当たり

オクラの苗が枯れる原因の一つに肥料当たりがあります。
農業やってると、「この肥料試してみませんか?」と言われることがよくあります。

そうやって失敗した事例です。

□オクラ苗が有機肥料(生ゴミコンポスト肥料)で失敗した例

生ゴミコンポスト肥料を紹介されました。
有機肥料なのでいいですよ。と。
私は有機JAS栽培もやるので、有機肥料にも興味があるので試してみました。

1トンくらいどうですか?と言われたのですが、有機肥料で失敗した経験も多いので、家庭菜園分でいいですと、1袋だけにやんわりとお断りしました。

◇匂う有機肥料は、苗に当たる可能性がある。

まず貰ったときの印象はけっこう匂う。
やっぱ肥料を売る側はいいこと言いますが、こちらはしっかり様子見します。

匂うので、少しずつ使います。
オクラの植える場所の一部に元肥としていれます。

◇植え付ける1ヶ月前に入れる

大抵1ヶ月前に入れて、肥料焼けをなくす工夫としています。

◇オクラ苗を植え付ける(根が少なめ)

ホームセンターで売っている苗を植え付けます。根が少ないので、活着(かっちゃく:畑に根が伸びて水やりしなくても成長する状態のこと)に気をつけます。
もちろんバラして植えません。

◇オクラの苗が見事に肥料に当たりました。(根傷み)

いちろう
肥料に当たるときの特徴は、葉がしおれているときです。 葉はしおれるということは、根が水を吸えない状態です。 水をやっても吸えないので枯れます。

 

□オクラの苗が原因が肥料当たりで枯れそうなときの対処(15日でいい苗に成長させる)

対処していきます。

ここで何もしないと枯れてしまって終わりです。

事前に知識をつけておきたいところです。

◇オクラの苗が植えた苗を抜く

まず、苗を抜いちゃいます。

ココがポイント

ここでポイントは、枯れそうなオクラの苗の根を切らないように、植えたときの土を崩さないようにそっと取り出すことです。

まず根がだめなので、根をそだてます。
そのために、肥料の入っていない土に植えます。

◇オクラの苗が枯れそうな場合は肥料の入っていない土に植える

ホームセンターで買ってきたまま、ポットに戻す。
植えなくても、根を崩さないようにそのままポットに戻せればそれでオーケーです。
ここからがコツです。
まずは液肥が大切。
ホストップを用意します。

◇オクラの苗が枯れない対処は一日1回の液肥で育てる

ホストップを指定の倍率(1000倍)に薄めて、よく染み込むように散布します。ペットボトルで作ればいいです。500mlのペットボトルに0.5mlのホストップです。
葉にもたくさんかかるように散布します。
散布といってもチョロチョロかけてあげればいいだけです。

◇オクラの苗が枯れない朝1回の散布。

散布の目安は、オクラの苗のポットの水分がなくなったらかける。という感じ

オクラの苗のポットが重いのにたくさんかけても、オクラの苗が苦しくて根が伸びません。

根は乾く時に伸びるので、乾かします。
干上がる前に散布です。

乾いてなければやらなくていいし、
夕方に乾いたら、少しやって朝に沢山あげられるように備えます。

15日ほど続ければ根がびっしりになります。

◇オクラ苗が復活したら植え直す

オクラ苗のポットの根がびっしりになってきたら植え直します。

 

ココがポイント

前回はオクラの苗が肥料当たりしたので、オクラを植える半径5センチくらいを、痛んだ肥料が入っていない土に入れ替えます。

植え穴とオクラの苗のポットにしっかり水をやって、植えます。
これで大丈夫。
あとはオクラの根が頑張ってくれます。

植え直して成長したオクラ

植え直して成長したオクラ。

■オクラの特徴は、高温の植物。苗が枯れる原因は、低温。

□柔らかいオクラをたくさんとるための3本植えで、苗が枯れる原因に対処する

ホームセンターで買うオクラの苗は根が足りない場合が多いです。

いちろう
びっしりならラッキーですね。

3本植えでオクラ苗を買ってきたら、そのまま植えます。

オクラの3本植えは家庭菜園の本にも乗っていますが、かなりいいオクラがとれます。

それに苗を分けないので根が痛まないので枯れにくい。

根があってこそ、オクラの木も大きくなります。

根があってこそ、オクラの木も大きくなります。

■オクラが弱ってきたときの対処法

□植えたオクラが弱ってきたら、寿命かも。

植えたオクラが9月を過ぎて弱ってきたら、寿命です。
9月から10月にかけて涼しくなるので、オクラは成長がどんどん遅くなります。
今まで5日でとれていたものが、10日かかる感じです。

よく頑張ったので、抜いて終わりにするのもありです。

□大きくないオクラの苗が弱っている原因は、根がない。対処は、ホストップか、メネデール

オクラが大きくないのに弱っているのは、根が伸びないからです。
それでも枯れていないのであれば、液肥で対処すればまだ間に合うかもしれません。

対処は、オクラの苗を植えた根元に、ホストップかメネデールを指定の倍率で散布してやることです。

ここも苗と同じで、土の表面が乾いたら1日1回の散布です。
最初は根の成長なので、大きくならずにわかりにくいですが、15日くらいすると伸びてきます。
そうしたら根が水や土の栄養を吸えるので、肥料や液肥をやることでぐんと育ちます。

先に肥料をやると吸えないことがあるので、ホストップやメネデール以外では、液肥なら大丈夫ですが、苗の倍率の薄めでやることがポイントです。

■オクラの苗が枯れる原因のまとめ

  • □オクラの苗が枯れる原因は低温
  • □オクラの苗が枯れる原因は根がない
  • □オクラの苗が枯れそうな原因は肥料当たり

です。

□オクラの苗が原因が肥料当たりで枯れそうなときの対処は

  • ◇オクラの植えた苗を抜く
  • ◇肥料の入っていない土に植える
  • ◇一日1回の液肥で育てる
  • ◇苗が復活(さらにいい苗に成長)したら植え直す

 

という流れです。

■オクラの苗をつくるために、発芽率を高めるために、丸1日水に付けておくこと

オクラの苗をタネからつくるには、固いオクラの種を発芽しやすくします。
そのために1日水に浸けておくと、給水して発芽しやすくなります。
ポットに3つくらいまいて発芽させるのがオススメです。

■オクラ収穫の適期は、オクラの柔らかさを目安とする

オクラの苗を枯れないように植える3本植えは、オクラが大きくなっても柔らかめです。
なので、オクラを触ってみて、硬くならないうちに収穫という感じです。

普通オクラは10センチくらいで収穫ですが、15センチでも硬くなりにくいので、1本でも1.5倍の収穫量がとれてお得です。

丸オクラも柔らかくてオススメですね。

■オクラの収穫は葉を摘み取りしなくても、長く収穫ができる

オクラは葉かきが常識ですが、しなくても大丈夫です。

オクラの葉を除去しない、

オクラの葉を除去しない、そうすると縦に伸びにくい。

私はオクラを葉かきしません。

その理由は、

  • オクラは葉かきをすると縦に伸びるからです。
  • オクラの背が低い方が、収穫しやすく、水も切れにくいです。
  • 背が高くなればどんどん肥料も水もたくさんいるので大変。

 

なので、葉かきをせず、オクラを省力的に家庭菜園で育てています。

■オクラは苗を枯らす原因を減らせばうまく育つ

オクラの苗を枯らさなければ長くとれて楽しいです。

オクラは最初の気温が肝心。

オクラは最初の気温が肝心。

最初が肝心なので、ポイントを押さえて貰って、美味しいオクラをたくさん収穫してください。

 

 

□オクラにはたっぷり水をやれるように、散水準備は万端。

オクラの散水準備は万端

オクラの散水準備は万端。散水と追肥で真っ直ぐなオクラをとる

真っ直ぐなオクラを収穫していく。

真っ直ぐなオクラを収穫していく。

 

オクラの先端。

オクラの先端。実がなりそうに見えるけど、実はついていません。

-農業のやり方・基礎知識

© 2020 さいこうやさい