5年目のキュウリのサポートとネットの交換はありません

きゅうりの支柱の間隔は40センチでしっかり強風でも大丈夫です。

農業のやり方・基礎知識

キュウリの支柱の間隔は40センチ。5年連続で使えます

悩んでいる人
キュウリの支柱の間隔は何センチで立てればいい?
いちろう
キュウリの支柱を40センチで作ると、5年以上そのままで使えています。手入れが入らなくて、毎年楽にきゅうりが作れています。

■キュウリ支柱の間隔は40センチで大丈夫。

キュウリに使う支柱の間隔は40センチにしています。
この40センチ間隔は5年以上家庭菜園でキュウリ栽培をしていて、台風とかの直撃をしても壊れないので、問題無いなーと思っています。

■キュウリには支柱が必要?

キュウリに支柱は必要だと思っています。特に、1ヶ月以上食べたいなら支柱がないと上手くいかなかったです。
地生えきゅうりの話はこちらの記事で話しています。

きゅうりを支柱とネットの取り替えなしでたくさんとる。
参考きゅうりの支柱、ネットはなしでたくさん取っている方法

悩んでいる人家庭菜園こそ楽にやりたい。きゅうりネットなしできゅうり栽培できない? きゅうりの支柱とネットなしで、地生えきゅうりをやりました。 けっこう楽に栽培は可能です。 でも、収穫は2回くらい、大き ...

続きを見る

□キュウリ支柱立ての理由

一番キュウリに支柱を立てて、間隔を決めるのに必要な理由は、キュウリが病気になりやすいからです。

家庭菜園のキュウリの栽培時期は初夏から秋まで、一番暑くて湿気の多い時期です。

キュウリに支柱を立てて、間隔を決めて栽培することに3つの理由があります。

キュウリの支柱を立てて、間隔を決めるのは
こんな方におすすめ

  • 病気を防いで、長くキュウリを収穫したい。
  • 台風やキュウリの重みなどで、支柱が壊れないようにしたい。
  • 毎年、楽にキュウリを栽培したい。

 

 

ということです。

■キュウリに支柱を立てる間隔を決めるタイミング、時期はいつ?

キュウリに支柱を立てる時期は植え付け前が一番です。
何故なら支柱を用意するのも、支柱を固定するのも時間がかかるからです。

きゅうりを植え付けてからでは、あっという間に成長してきますので、大焦りです。

先に用意しておくと、きゅうりの成長を妨げることなく栽培できます。

■キュウリ支柱の間隔を決めるポイント1「支柱の形状」

キュウリの支柱には

  • 太いもの
  • 細いもの

 

の2通りあります。
長さもいくつかありますが、ここでは私が使っている支柱の太さと長さを紹介します。

普通の格子状のものより、支柱の間隔が広くて、使う本数も節約できるものです。

□キュウリの支柱立てと間隔のポイント2「間隔を決めた支柱の立て方」

まず、軸になる支柱を立てます。
2本支柱ずつ、合計6本の支柱が軸になります。
頂点でクロスさせるのがポイントです。

200センチの太い支柱をキュウリの柱にします。間隔は40cm

200センチの太い支柱をキュウリの柱にします。間隔は40cm

軸になるので、太い支柱を使います。

長さは200センチのものです。

地面深く40cmほど挿します。

支柱の根元はしっかりと深草しています。

支柱の根元はしっかりと深草しています。

しっかり差し込むのがポイントです。

キュウリの支柱のサイズ

  • 太さ:太いもの
  • 長さ:200センチのもの

 

 

□キュウリの支柱立てと間隔のポイント3「支柱の補強」

次に、支柱の両サイドに補強として支柱を2本刺します。
固定していきます。

キュウリを植える予定の両側に太い支柱を固定します。

キュウリを植える予定の両側に太い支柱を固定します。

支柱の上面を固定していきます。
必要なのは支柱2本です。

キュウリの上面に支柱を固定します。

キュウリの上面に支柱を固定します。重ねてグラグラしないようにするのがポイントです。

 

キュウリの上面の支柱です。しっかりと重ねています。

キュウリの上面の支柱です。しっかりと重ねています。

□キュウリの支柱立てのポイント4「支柱の固定」

支柱の固定は針金がオススメです。インシュロックですと、プラなので直射日光で劣化してしまいます。

キュウリの支柱を針金で固定していきます。

キュウリの支柱を針金で固定していきます。

この支柱立ては1度作ると5年はそのままで持っているので、針金ならばメンテが不要になります。

針金でキュウリの支柱同士をギュッと固定します。

針金でキュウリの支柱同士をギュッと固定します。

針金で巻きつけて、ペンチでギュッと締め付けて固定します。

□キュウリの支柱立てと間隔のポイント5「ネットの張り方」

ここまで出来たら、次はネットを張ります。

ネットは長持ちするのでいつ張っても大丈夫です。

キュウリネットは支柱にインシュロックで止めていきます。

キュウリネットは支柱にインシュロックで止めていきます。

ネットの張り方は簡単で、インシュロック耐候性(たいこうせい:直射日光に当たっても劣化が少なく、3年程度持つ)を使います。

私がインシュロックを使う理由は、

キュウリのネットの固定にはインシュロック

  • 一瞬でしっかり固定できる(キュウリネットがたるまない)
  • インシュロックにキュウリが接触しても、痛まない
  • 仕事が楽ちん。
  • キュウリネットとインシュロック(耐候性)の寿命が同じ。

 

 

ということです。

キュウリのネットをインシュロックでしっかり固定できます。

キュウリのネットをインシュロックでしっかり固定できます。

ネットは片側から止めていきます。
たるみを防ぐためです。

キュウリネットはインシュロックで固定。

キュウリネットはインシュロックで固定。耐候性のインシュロックはキュウリネットの寿命と同じ。

インシュロックですと、止めるのも一瞬なので楽々です。

□キュウリの支柱立てと間隔のポイント6「つるの誘引と巻き方」

ここまで出来たらもうオーケーです。
あとはキュウリをいつでも植えられます。
つるの誘引は上に登らせるだけです。

キュウリの誘引は、洗濯バサミを使います。

キュウリの誘引は、洗濯バサミを使います。プロのキュウリ農家からテクニックを頂戴してきました。

ここで私が使う便利な道具は洗濯ばさみです。(穴の大きなタイプ:シーツなどを干すための物干し竿につけるタイプ)
です。
これでキュウリをネットに挟んでやることで、思った通りの誘引ができます。
安くて簡単で使いやすい道具です。

キュウリの茎をワンタッチで固定できます。

キュウリの茎をワンタッチで固定できます。

もちろんキュウリ専用のピンチもありますが、ロットが多く、高いです。

どんな角度でもキュウリをネットに固定して誘引できる。

どんな角度でもキュウリをネットに固定して誘引できる。キュウリの背が伸びたら、伸びたキュウリのつるに付け替えるだけで誘引できます。

 

私は洗濯ばさみで充分だと思います。

-農業のやり方・基礎知識

© 2020 さいこうやさい