キャベツの黒腐病は取り除けば食べられます。

キャベツの黒腐病は黒い斑点をちぎってしまえば食べられます。

農業のやり方・基礎知識

【農家談】キャベツの黒腐病は取り除けば食べられる。

キャベツは家庭菜園で栽培していると

様々な病気になってしまうことがあります。

 

 

ざっくりと言えば、

  • キャベツに黒い点(斑点)が出ていたり
  • 軟腐(なんぷ)病になったり
  • 黒腐秒になったり
  • キャベツが黒くなったり
  • 根腐り病になったり
  • 葉腐り病になったり

キャベツの病気、多くない??

ってくらい、よくわからないうちに「なんだか食べれないんじゃないか?」という見た目になっていることがあります。

 

 

でも、

上にあげたことは大体、

剥けば食べられます。

「剥く前は気持ち悪いけどね?」

 

 

これでも(こんな病気になっても)食べられます!という

キャベツのむき方動画を載せておきます。

 

これで、たとえ家庭菜園で植えたキャベツの3割が病気になったとしても、

ほぼほぼ食べられるので、良いですよね。(4分くらいの動画です)

 

■キャベツの黒腐病(くろぐされびょう)は取り除けば食べられる。

キャベツの黒腐病は、取り除けば食べられます。

キャベツの黒腐病はとてもわかりやすい

  • 黒く斑点になっていたり、
  • キャベツの芯が切ってみたら黒い筋が入っていたり
  • キャベツの葉に黒い筋が入っていたりするものです。

 

□キャベツの黒腐病は取り除けば食べられます。(取り除く方法)

キャベツの黒腐病を取り除く方法はとても簡単です。
黒い部分を切ってしまえばおしまいです。

キャベツの黒腐病は軽症であれば取り除くだけ

  • キャベツの黒い斑点は、指で取ってしまえばいい。
  • キャベツの芯を切って黒い筋が入っていたら、黒い部分だけ包丁で切ってしまえば大丈夫。
  • キャベツの葉に黒い筋が入っている場合、その葉だけ捨ててしまえば大丈夫。
キャベツの黒腐病は黒い斑点をちぎってしまえば食べられます。

キャベツの黒腐病は黒い斑点をちぎってしまえば食べられます。

 

とても簡単です。

□キャベツの黒腐病で食べられないキャベツの写真。

キャベツの黒腐病はここまで腐ると食べられません。

キャベツの黒腐病はここまで腐ると食べられません。

 

腐らないように、じっくりとキャベツを育てるために、

農家直伝の作り方です。

こちらもCHECK

農業のやり方、キャベツの作り方
キャベツの栽培方法【完全ガイド】プロ農家の種まきから収穫まで

続きを見る

 

キャベツの軟腐病の食べられる範囲

キャベツの軟腐病も、

様々です。

 

家庭菜園で育てていると

もったいないですよね。

 

 

詳しいキャベツの栽培は、

「キャベツの栽培方法【完全ガイド】プロ農家の種まきから収穫まで」

をみることで、キャベツの栽培について詳しく、深い内容を読むことができます。

 

 

今回の黒腐病や軟腐病は、キャベツを作る上で、「予防」をしていかないと、

防ぐことは相当難しいです。

逆に言えば、「予防すれば、ほぼ防げます」

キャベツの農薬の使い方、家庭菜園で使える農薬、農家のオススメに、詳しく書いていますので、

予防に興味がある方は見てみてくださいね。

  • この記事を書いた人

いちろう

愛知県知多半島でニンジン、キャベツ、白菜などを生産している認定農業者です。高級店20店舗に有機JASニンジンを出荷していました。現在は収穫祭などを開催し、直接、美味しい野菜を自分で収穫して食べたい家族と共に野菜を収穫しています。

-農業のやり方・基礎知識

© 2021 さいこうやさい